大工の嫁による素人現場日記&パートの事も書いちゃってます。。。

大工日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

実大振動実験

先週は三日間兵庫県まで出張で行って参りました。

以前も作業員として参加させて頂いた、実大振動実験
P9180035.jpg
加振をして、建物の動き方を調べています。
P9180040.jpg
もとの位置に微調整しながら加振を繰り返します。
P9180049.jpg
今回も無事終了!
P9190059.jpg

前回の模様はこちら⇒実大振動実験
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2012年09月22日 21:44 |
  2. 実大振動実験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実大振動実験 最終報告!

今月に入り、三回のプチ出張も終了!
最終は19日から21日でした

報告はだいぶ遅れてしまいました。。。すいません。
最終や!とはりきって出て行ったのにデジカメを忘れ・・・画像はありません。。。

↓はユーチューブから。


この実験が生かされ、伝統工法でも建てられる法律になればうれしいです!

私達は30代・・・・進化は大事だけど伝統も大事。こんな私でも今はそう思えます(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011年01月27日 22:06 |
  2. 実大振動実験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

実大振動実験

たいへん遅くなりましたが・・・・

明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願い致します

年始め、私&子供達は実家でゆっくりお正月。
旦那さんは、京都から兵庫県三木市にあるEディフェンスへ向かい5.6.7日は実大振動実験の作業員として行ってきました。

かなり楽しみに出かけて行きました。が・・・・・
何をするのかわからず、持ち物だけ聞かされていたヘルメットと安全帯を持って現場へ・・・
到着してから説明を受けると加振した後の損傷観察と荒壁パネルの張り替えをする役割でした

作業員は全国から大工さんが集結してそうそうたるメンバーだったらしいです。
CIMG2846.jpg

この実験は、どれだけの地震に耐えるか?ではなく、加振した後の柱の動きや壁の損傷観察をし、どのような動き方をし力が分散していくかを見る為のものみたいです。
「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会←私にはうまく説明する自信がないのでホームページで詳しく見れます。
CIMG2863.jpg

損傷観察をした後、荒壁パネルをはずし新しい荒壁パネルを位置を変えて取り付け次の加振の為の準備をします。
この荒壁パネルは京都の丸浩左官が作っています。→丸浩左官
話には聞いていましたがこんな所で出会うとは!?と驚いて言ってました。
CIMG2845.jpg

うわっ!!いっぱいですね。。。
CIMG2856.jpg

明日からもまた三木市に向かう予定です。
次の実験がまた楽しみだそうです。。。。
CIMG2843.jpg

これが前回の加振実験の映像です。



実際に現代ハウスメーカーなどが施工しているやり方『長期優良住宅』なるものを
実験された映像を見てビックリしました!!!ぼきっと折れてました。(神戸の大地震ぐらいの震度)家が・・・・・
金物でガチガチにされればされるほど、力の分散が出来なくなっていて家の再生が不可能なのです。
家の中で地震が起こったら恐ろしすぎます・・・・

伝統工法なら力がうまいこと分散され、木が動いても再生が充分可能なので、こっちの方が長期優良なのではないかな・・・と思います。

これが大事にならないのは何か圧力があるのかな~
気になる方は・・・・↓



地震こない事を祈ります。。。。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011年01月11日 22:02 |
  2. 実大振動実験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。